お知らせ(2020年4月23日)

 みたらいWebギャラリーを開きました!
 まだ、ほんの少しですが、これから充実させていきますので、よろしくお願いします。


 お知らせ(2020年10月1日)

  長い間、休廊いたしましたが、10月から様子を見ながら再開することになりました。
 年内は、不定期営業となりますので、お越しの際は、メッセージをいただけると助かります。
 よろしくお願いいたします。




第6回みたらいアートフリーギャラリーと特別展「Women~今を生きる女性たち~」を開催します!

※アートフリーギャラリーとは…作家ひとりひとりが自分の作品を並べて展示即売するイベントです。

今回は、せとうちパレットプロジェクト「せとうち音回廊@御手洗」のひとつとして、開催します!

 日時:1) 2020年11月14日(土) 11:00-16:00
    2) 2020年11月22日(日) 11:00-16:00

 場所:みたらいギャラリー & 北川家納屋 & 船宿 

1) 11月14日の参加作家(あいうえお順)

  穴迫 純(陶芸)
  出手原敬一(陶造形)
  おりでちせ(イラスト)
  川手和美(点描画、造形)
  丸本雅明(陶芸)
  弥生(日本画)
  吉田圭子(日本画)
  Meng Qu(陶芸)
  Simona(陶芸)

2) 11月22日の参加作家(あいうえお順)

  穴迫 純(陶芸)
  川手和美(点描画、造形)
  弥生(日本画)
  吉田圭子(日本画)
  Meng Qu(陶芸)
  Simona(陶芸)


特別展「Women~今を生きる女性たち~」

 日時: 2020年11月14日(土)~23日(月・祝) 11:00-16:00
 場所: アートラボキタニ ArtLabKITANI 

 出品作家(あいうえお順):

    岩本道明
    おりでちせ
    川手和美
    國本真理子
    桒原雅美
    田中佐知男
    吉田圭子
    Masayuki Tahara
    TUYOKU+YOWAKU+IKITEIKUWA  

瀬戸内の烈しい潮流と風をよけて御手洗の沖に停泊する船を相手に、商いを始める人たちが、この地に移り住んだのは約300年前。 お酒やお米、燃料や水、そして船乗りに対する遊女の接待。

その頃の御手洗には、幕府から許可された遊郭が4つもあり、100名近い遊女たちが住んでいました。
入港する船の一切を面倒みて外貨を獲得し、繁栄してきた御手洗にとって、遊郭は大きな収入源となり、町を潤す役割を果たしていました。

ギャラリーの位置する御手洗住吉地区には、1822年に建てられた住吉神社があり、その神社の玉垣のひとつひとつには、寄進者の名前が刻まれていますが、その中に遊女の名前をたくさん見ることができます。

「ことみ」「ひなぎぬ」「もろこし」「みちのく」「吉勢川」・・・。
自分たちの、そして、未来に生きる女性の幸せを願ってのことでしょうか。

200年前の玉垣にある遊女の名前を見ると、漠然と遠くにいた彼女たちの一人ひとりが、 確かにここに存在し、生きていたことを実感します。

遊女たちの頃と同じように、今現在を生きている女性たち。 強く、優しく、時に悲しみに涙する、現代を生きる女性を描いた作品を展示いたします。




第11回 みたらいスケッチ会開催催しました!

2020年2月2日(日)12:00~

今回は寒いせいか、参加者3名でした!
すごく寒くなるかと思いましたが、日差しがあって、ぽかぽかする時間帯も。

寒がりさんは、ギャラリーで描きかけの水彩に着色。。
楽しい時間でした。

偶数月の第一日曜日に開催するスケッチ会。
次回は4月5日(日)です。